あー、デジカメ欲しいなー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星の鼓動は愛

機動戦士ガンダムⅢ-星の鼓動は愛-を見た。


感想としては、なかなか良かったんじゃないかと。


あとちょっと感じたことを書いてこうかと


ま、ネタバレも含むので・・・


何から書いていいのやら


・ジェリドの最期のセリフがなくなったこと


うん。これね。TV版だとね「カミーユ、貴様は俺の・・・!」って感じのセリフ


で散っていくんだけど、今回はセリフすらなかった。


なんていうか、TV版ですらしりきれトンボな感じだったのに、劇場版では、


セリフも奪われて、挙句カミーユに「戦場で、はしゃぎすぎたんだ」みたいな事まで言われる始末。



ジェリドカワイソス。。。



・ラーディッシュが沈む時


やべ。この時うっかり涙が出そうだった。


なんだろ。これは分かってたことだったのに。


もってかれるとこだった。あぶねぇあぶねぇ。


・結末について


TV版ではカミーユは精神崩壊してしまうわけだけど、劇場版ではどうなるか


気になってた。いったいどうなるのか。


精神崩壊はしないってのはいろいろなところで言われてたので、


いろいろ考えて見に行った。


TV版では追い詰められて崩壊していったカミーユ君だったけど、


一味も二味も違う男になっていた。


うん。


「命は力だ」と言ったカミーユに力をもらった感じだ。


「命は力」なんですね。




・サエグサさんとブライト艦長


サエグサさん、ふざけすぎ。


子供の愛の語らいを聞いちゃいけません!


それに対してブライトさんはいいね。


なんかほのぼのしてしまったよ。。。




あー、なんかもっかい見に行きたいなぁ。と思ってしまう映画だったよ。


今度はメモ用紙持ってセリフでも書き取ってきますか(笑)



追伸

カミーユ、ファの足の絡まりッぷりには正直どうしていいやら。
とりあえず笑っとけ笑っとけ。。。

コメント

コメントの投稿

URL
コメント

パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL : http://midnaitewarriors.blog44.fc2.com/tb.php/115-940db64e
<< 秋田 | TOP | いろいろあった >>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。